ニキビのケアで大切なこと

老若男女問わず、ニキビができた時のケアに悩む方は多いことと思います。
まず、ニキビの予防としてのケアで大切なのは、何でも「やりすぎないこと」です。


何もしないのは論外ですが、できやすい体質だからと言って、洗顔をやりすぎたり手でこすってしまったり、化粧水などケア製品を顔に塗りたくりすぎてもかえって逆効果です。

洗顔は1回で充分肌をきれいにできますし、ケア製品は適切な量を適切に使用しましょう。



さらに、自分の肌のタイプにあった洗顔料や化粧水・保湿クリームを使うことも大切です。

なかなか自分で自分の肌にあうものというのは判断しにくいかもしれないので、化粧品売り場のメーカーの方などに相談するのもいいでしょう。



それでも、ニキビができてしまったのであれば、触ってつぶしたりしないように気をつけましょう。



へたに触ってつぶしてしまうと、痕になってしまいます。出来てしまったものには市販のニキビの薬を塗ったり、あまりにもひどいようであれば皮膚科など処方してもらった薬でケアを施しましょう。
自らつぶして芯を出すなんていうのはもってのほかです。

クレーター状に跡になって、非常に難しくなってしまいます。


できたものには極力手で触れないのが原則です。女性の場合、月経などホルモンバランスが崩れたりした場合にもニキビができやすい人もいますので、その時その時の原因に合わせた対処を心がけると良いでしょう。

ストレスも原因になりますので、ためすぎなようにしてください。